CDISCは世界中の薬事関係団体と緊密に協力して、規制ガイドラインの遵守と臨床研究の明確化を保証する高品質の標準を開発しています。 急速に変化する研究環境とともに進化し、新しいイノベーションの機会を歓迎すると同時に、今後の開発についてのオープンで透明なコミュニケーションを促進し、CDISC標準の使用が可能な限りシームレスになるように教育の機会を提供し、私たちの標準が世界中の薬事関係団体にとってさらに有益になるよう努めています。

  • 品質標準:20年以上にわたり、私たちは臨床研究とその範囲を超えた研究のためのデータ標準を開発し、発展させるために厳格なアプローチをとってきました。 それぞれの標準は、今日の研究の最前線にある専門家の知識によって通知そして形作られ、最高の品質だけでなく、実装する際に遭遇する実用性にも対応しています。
  • より高い効率性:CDISC標準は、世界中の主要規制当局(米国FDAおよび日本のPMDA)によって認識され、要求されています。 当社の標準は、それらを使用する組織内で業務効率を向上させるだけでなく、規制審査プロセスを迅速化し、市場投入までの時間を短縮します。
  • ブレークスルーに焦点を当てる:研究者は、標準化されていないデータの解読、翻訳、マッピングにかなりの時間を費やしています。 CDISC標準を実施することは、データを効果的かつ容易に分析することができ、臨床研究や世界の健康に大きな影響を及ぼす発見に集中することができます。

もっと詳しく知る:

  • 標準を見る:臨床研究プロセス全体にわたるCDISC標準スイート。
  • CDISCに参加する:世界中の450以上の会員組織がCDISCコミュニティを構成しています。
  • ボランティア:私たちは、ボランティアの主題専門知識に基づいて標準を作成しています。
  • コースを受講する:公立、私立、オンライントレーニング(24時間利用可能)
  • インターチェンジに参加する:CDISCインターチェンジは、毎年開催されるグローバルなイベントで、数百人の出席者が集まり、専門知識、ベストプラクティス、CDISC標準の実装に関する教訓を共有しています。
  • 使用事例の審査:CDISC標準がさまざまなユースケースにどのように適用され、データを明確にするかを学びます。

規制当局からの情報を読む:私たちは定期的に世界の規制当局からの発表を掲載しています。