CDISC標準を採用することは貴重な投資であり、貴社の組織やグローバルな研究コミュニティ全体に、より意味のある、より効率的な研究につながります。 データを収集、構造化、分析するための標準を実装することで、情報を集約して大きなデータを活用しやすくなり、データのアクセス、相互運用、再利用が可能であることを保証します。

  • データの標準化と共有の力:日本の大学病院医療情報ネットワークから米国のアレルギー・感染症研究所まで、CDISC標準を採用している組織は、より迅速かつ効率的な研究を行い、短期および長期の両方で、データのパワーを増幅するより多くのブレークスルーのための道を開きます。
  • 幅広いサポートと教育:可能な限りシームレスに標準を採用し、使用するために、私たちはあなたのような学術研究組織向けに特別に設計された詳細なトレーニングと包括的な実装ガイダンスを含む幅広いサポート、教育、リソースを提供します。
  • データ科学の恩恵:共通の構造に準拠した明確な標準化データセットを提供し、データの集約と分析を容易にすることで、当社の標準はAI /機械学習、メタ分析、および大きなデータにも利益をもたらします。
  • 標準コミュニティを支援するアプリケーションの作成:テクニカルおよびソフトウェアベンダーはAPIを使用して標準にアクセスし、研究コミュニティが信頼するソフトウェアとツールを開発するために必要な情報を入手できます。

イノベーションに対応:CDISCが革新のペースに対応するよう進化するにつれて、CDISC標準を可能な限りシームレスに使用する技術統合の新しい機会を歓迎します。


もっと詳しく知る:

  • 標準を見る:臨床研究プロセス全体にわたるCDISC標準スイート。
  • CDISCに参加する:世界中の450以上の会員組織がCDISCコミュニティを構成しています。
  • ボランティア:私たちは、ボランティアの主題専門知識に基づいて標準を作成しています。
  • コースを受講する:公立、私立、オンライントレーニング(24時間利用可能)
  • インターチェンジに参加する:CDISCインターチェンジは、毎年開催されるグローバルなイベントで、数百人の出席者が集まり、専門知識、ベストプラクティス、CDISC標準の実装に関する教訓を共有しています。
  • 使用事例の審査:CDISC標準がさまざまなユースケースにどのように適用され、データを明確にするかを学びます。
  • 規制当局からの情報を読む:私たちは定期的に世界の規制当局からの発表を掲載しています。